破裂しないように脳動脈瘤を改善するためにしなければいけないこと

患者と看護師

最新情報

放置しないようにする

笑顔の看護師

骨肉腫は骨に悪性腫瘍ができてしまう病気なのですが、放置してしまうと転移する危険性があります。病気をそのままにせず、医療機関で治療を受けることが大切です。早期発見できるように違和感を感じたら検査を受けましょう。

詳細を見る

破裂させない

副作用が少ない治療法で骨肉腫を治療するならこちらの病院に相談しましょう!QOLを下げず治療に専念することができますよ。

脳動脈瘤の現状と今後

脳動脈瘤は脳の動脈にできる膨らみで、それ自体は自然に発生するものですが、破裂するとクモ膜下出血となり、さまざまな影響を与えます。現代の医学において脳動脈瘤が発見されたとしてもいつ破裂するかについては特定することはできません。また、破裂しないことも多くあります。 そのような状況において脳動脈瘤がある場合には破裂しないように予防することが大事なことであると言えます。 予防する方法では最近ではカテーテルを用いた塞栓術があります。この方法であれば開頭することなく治療を行うことができるので身体的な負担も小さいことがメリットです。場合によっては開頭して脳動脈瘤の処置を行った場合よりも良好な結果となることもあります。

塞栓術の注意点について

脳動脈瘤の破裂を予防するための治療である塞栓術のメリットは開頭しないで済むということや、脳やクモ膜を傷つけずに済むということです。 一方で注意するべき点もあります。脳の血管にカテーテルを通すということは非常に繊細な作業となります。そのため、確かな医師の技術が必要となります。脳の血管は複雑に入り組んでいてその中を血管を傷つけずに患部まで通す必要があります。 そのことから治療を受ける場合にはしっかりと医療機関を選ぶことがポイントとなります。血管内で血栓を形成することで他の病気の原因となることもあります。 また、カテーテルによる治療を終えてからも定期的に脳動脈瘤の状態を知るために検査を受ける必要があります。

実績のある専門医があなたの健康をサポート。肛門科の受診なら当院へお越しください。日帰り手術にも対応しております。

TOPICS

生じやすい年齢

男性医師と女性医師

脳動脈瘤は40代の人が発症することが多い病気です。最初は自覚症状が無いのですが、病気が進行すると眼の奥に違和感を感じるようになり痛みを感じます。検査を受けることで発見することが出来るものですので、病気の疑いがある時は医師に相談しましょう。

詳細を見る

肺がんの治療

手を差し出す医師

喫煙者などに多い肺がんですが、肺がんの治療方法はいくつか存在しており治療方法の違いをしっかりと把握することが大切です。基本的に肺がんの治療は退院後も長期間治療を続けなければいけないので気をつけましょう。

詳細を見る

↑ PAGE TOP